エクセルを学べる通信講座は

個別指導がおすすめ

ワード・エクセルを学べる通信講座は

ユーキャンの特徴

エクセルは何ができるアプリケーション?

エクセルは、多くの会社でデータの集計・整理などに使用されている表計算ソフトです。エクセルを使いこなせると、業務がずっとスムーズになり、自分のためにもなります。また、会社でも、エクセルを自在に使いこなせる人は、非常に重宝されます。MOSの中でも、ワードと同じくらい重要度の高いものです。

ます。


ポイント MOS試験で出題される内容

MOSのエクセル試験には「スペシャリストレベル」「エキスパートレベル」という、2つのレベルが設定されています。スペシャリストレベルとは、エクセルの基本的な機能や操作が使いこなせることを認定するものです。あくまでも基本的な内容(表計算やファイルの保存など)がメインです。エキスパートレベルになると、スペシャリストレベルの機能には習熟しているという前提で、一歩踏み込んだ機能について試験されます。複数のエクセルシートを利用した高度な集計、環境設定の変更などもあります。



ポイント 業務に役立たせるために

MOSでエクセルの操作法を学んだら、実際の業務に役立てていくようにしましょう。会社で決まった書式があるならば、より深く理解したうえで、使いこなせるようになると便利です。また、改善点したほうが良い点があるなら、上司などに相談しながら、改善を進めていくのも良い方法です。


MOSの中で、最優先すべきはワードとエクセルの試験です。受験者数も多く、インターネット上で相談相手が見つかることも多いので、独学も可能でしょう。それ以外のアプリケーションソフトは「会社で使っているもの」などを考えて、受験するかどうか検討しても遅くはありません。