MOSを仕事でより活かすために

徹底指導がおすすめ

現場で活かせるスキルを身につけるにはココ!

通信講座の特徴

MOSで就職は有利になる?

MOSを取得していることは、「Microsoft Officeを使える」ことの証となりますので、資格のない人よりは、ある人のほうが就職に有利でしょう。さらに「就職を有利にする取り方」を心がけるようにしましょう。


ポイント 優先すべきOfficeソフトは?

MOS資格はアプリケーションソフトごと(エクセル、ワード、アクセス、パワーポイント、 アウトルック)に試験があります。また、エクセルとワードに関しては、スペシャリストレベル、エキスパートレベルの2種類があります。どのように取得すれば、就職が有利になるかですが「ワードとエクセルは必須」「そのほかのアプリケーションは、就職先の業界、業務内容などに合うものを取る」ことが大事なのです。



ポイント 目標はエキスパートレベル!

どんな業界に就職するにも「ワードとエクセル」は取得していると良いでしょう。また「ワードはエキスパートレベルで、エクセルは取得していない」などのやり方ではなく、両方を取得することが大事です。さらにスペシャリストレベルでは、基本操作のみで終わってしまいますので、就職・転職で、採用担当者にアピールするにはエキスパートレベルまで、目指しましょう。


また、アクセスやパワーポイントは、業界によって、あるいは業務内容によっては、必要とされるケースがあります。営業や企画などアクセスを使う仕事を希望しているとか、ネットショップの構築・運営などのパワーポイントの知識があったほうがいい業界を希望しているといった、必要に応じて取得することが大事でしょう。